¯\_(ツ)_/¯

non-verbal media

Posts tagged ‘Culture’

Bottle drinks being transparent in Japan

日本にはペットボトル飲料が多く存在します。同じお茶やコーヒーだけでも複数の会社が各々複数の種類の商品を発売しているので、ペットボトル飲料全体の数となると数え切れないくらい多いです。そして、最近はそれらの飲料の透明化が流行しています。透明なフルーツ水飲料の「いろはす」シリーズは有名でしたが、アイスティーやコーラ、コーヒーまでもが透明化しているのです。この透明化ブームの背景には、周りの目を気にする日本人の性格が存在します。職場で水やお茶以外の飲み物を飲むことに対して引け目を感じる人々が、透明な飲料なら周りから見てもわからない、ということで購入するケースが多いそうです。

一度は試して見てください!

In Japan, there are tremendous plastic bottle drinks being sold. Even just for a tea or coffee, several companies sell various types of drinks, so it will be countless when it comes to the total number of plastic bottle drinks. And recently, the transparency of these beverage are booming.   “I-LOHAS” fruit water series was famous for its transparency from before, but nowadays Ice tea, Coca-Cola, and even Coffee is being transparent. The background of this transparency boom is the character of the Japanese who care about what other people think. One of the reason why people buy transparent drinks is because it will be recognised as water from the see-through appearance.

Please have a try once you see it!

 

 

flaver_hakuto_img    flavor_hyuganatsu_img  flavor_lychee_tea_img

いろはすシリーズ  I-LOHAS drinks (from right: Peach water, orange water, lychee tea)

tbm_20180601122608

コカコーラCLEAR Coca-Cola CLEAR

0419_1_1_b

アサヒ クリアラテ Asahi CLEAR Latte

 

 

Amazing water floating shrine : Itukushima Shrine

Have you ever heard about the shrine floating on the sea which is called Itukushima Shrine? This shrine placed in Hiroshima prefecture is added to the cultural property because of the beautiful looking and the unique floating point. Itukushima Shrine is consisted of 270 meter long corridor and the independent torii ⛩ . Appearance differs by the rise and fall of the tide. When the sea is high tide, the shrine will look as if it is swimming. The point is that it requires temporal maintenance because it absorbs salt water which will lead the wood to rot.

mt211-ootorii.jpg 

鳥居-torii

海(うみ)の上(うえ)に浮(う)かぶ神秘的(しんぴてき)な神社(じんじゃ)、厳島神社(いつくしまじんじゃ)をご存知(ぞんじ)だろうか。広島県(ひろしまけん)に存在(そんざい)するこの神社(じんじゃ)はその美(うつく)しい姿(すがた)と海の上(うみのうえ)に存在するという特異性(とくいせい)から文化遺産(ぶんかいさん)の一(ひと)つに認定(にんてい)されています。270メートルにも及(およ)ぶ回廊(かいろう)と独立(どくりつ)した鳥居(とりい)から構成(こうせい)されており、潮(しお)の満ち引き(みちひき)によって見(み)える姿(すがた)が変(か)わります。満潮時(まんちょうじ)にはまるで海の上に浮かんでいるかのように見えるのです。ただし、海水(かいすい)に浸(ひた)る性質上(せいしつじょう)、定期的(ていきてき)な点検(てんけん)が行(おこな)われており、頻繁(ひんぱん)に木材(もくざい)の取り替え(とりかえ)がされています。

mt228kairou

 

 

 

回廊-corridor

mt219-kairo

 

 

 

 

 

mt229noubutai

 

 

 

 

 

能をおこなったステージ

Stage used for

performing “Noh”

Noh: classical Japanese dance

 

 

 

 

Low and High Context Cultures ~Why does it matter in Japan? 『ハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化 ~何故日本で重要なのか?』

Before I came to Japan, I lived in America. One of the first things I noticed is that there was a major difference in the styles of communication between Japanese and American people. Today, I would like to think about these difference through the concept of  ‘Low-Context Culture’ and ‘High-context culture’.

私は日本に移住する前、アメリカに住んでいました。移住して最初に気がついたことの一つに、日本人とアメリカ人のコミュニケーションの仕方の違いがありました。今回は、その違いを、『ローコンテクスト文化とハイコンテクスト文化』という観点から考えてみたいと思います。

What is “Low and High Context Cultures?” ~『ローコンテクスト・ハイコンテクスト文化とは?』

“A high-context culture relies on implicit communication and nonverbal cues. In high-context communication, a message cannot be understood without a great deal of background information. ~A low-context culture relies on explicit communication. In low-context communication, more of the information in a message is spelled out and defined.”  – Neese, Brian, Southeastern University, 17 Aug. 2016

『ハイコンテクスト文化は、直接的な表現ではなく、言語外の表現に依存する。ハイコンテクスト文化では、その背景にある情報を理解すること無くして、ある表現を理解する事は出来ない。(中略)反対に、ローコンテクスト文化は、言語による直接的なコミュニケーションに依拠している。伝えられる情報

の大部分は、言葉によって説明される。』(ニース=ブライアン、サウスイースタン大学、2016年8月17日)

The concept of High and Low Context cultures was first discussed by an American Anthropologist Edward T. Hall in 1976, in his book ‘Beyond Culture’. The term ‘context’ refers to fundamental elements of communication, such as language, value, ideology and logic.

『ハイコンテクスト文化・ローコンテクスト文化』の概念は、アメリカの人類学者エドワード・T・ホール氏による1976年の著作Beyond Culture』で初めて議論されました。ここでいう『コンテクスト』とは、ある文化のコミュニケーションの基礎となる言語・価値観・イデオロギーや論理のことを指します。

In a high-context culture, one’s message is not necessarily spoken by words; they are implied through nonverbal elements such as gestures, facial expression or tone of voice. If one wants to fully understand the nuances of a conversation, he/she must have a thorough understanding of the non-verbal communication style. Therefore, this type of communication is based on trust and close relationship. On the other hand, in a low context culture, all the messages are conveyed in the verbal cues, and nonverbal cues are much less relevant compared to that of high-context culture.

ハイコンテクスト文化において、メッセージは直接言葉に表されない場合があり、ジェスチャーや表情、声調などの言語外表現によってほのめかされる事があります。このような文化において、会話に秘められたニュアンスまで理解するには、そのコミュニケーション文化を理解し、慣れる必要があります。つまり、ハイコンテクスト文化は、コミュニケーションを取る者同士の親密な関係と信頼が前提となっているのです。反対に、ローコンテクスト文化において、伝えられる情報は全て言葉にして伝えられ、それ以外の手段によって伝えられるメッセージは、ハイコンテクスト文化に比べて非常に少ないです。

Why Does It Matter in Japan?

adult-blur-business-630839.jpg

As a tendency, Japan is referred to as a high-context culture, whereas America is referred to as a low-context culture. When one move from one culture to another, it may be challenging for them to establish a meaningful communication, because different skills are required depending on the culture. For instance, in a high-context culture, the listener must be aware of the body language and the facial expression of the speaker, and must make an effort to understand the real intention. In a low-context culture, in contrary, the speaker must structure their verbal cue clearly and logically, so that the message doesn’t need to rely on nonverbal means.

This difference in the communication culture can become an obstacle when it comes to intercultural communication. As a foreigner living in Japan, I find it quite challenging to adapt to the ‘high-context’ element of this country’s communication custom; from time to time, I fail to understand what people really intend, or even misunderstand them. It seems quite vital for us to be aware of this concept when it comes to interacting with people with different backgrounds.

傾向として、日本はハイコンテクスト文化を持つ国とされ、アメリカはローコンテクスト文化を持つ国とされています。コンテクストによって、コミュニケーションをする際に求められる能力が違うため、あるコンテクスト文化圏から別のコンテクスト文化圏へ移る事は困難かもしれません。例えば、ハイコンテクスト文化では、言葉だけでは全ての情報を抽出出来ないため、聞き手が話し手のジェスチャーや表情を見て、話し手の意図を汲み取ることが求められます。しかし、ローコンテクスト文化では、言葉のみによって情報・メッセージが伝えられるため、話し手が言語外の表現に頼らず、言葉を上手く組み立てることが求められるのです。

この文化間のコンテクストの違いは、異文化交流の際の障害となってしまう可能性もあります。私自身、日本に住んでから、この国の「ハイコンテクスト」なコミュニケーション文化に戸惑う事があり、話相手の本当の意図が掴めず、時には誤解してしまう事もあります。文化によってコミュニケーションの本質に違いが存在するという点を意識する事は、とても大切なのではないでしょうか。

 

 

 

 

[Citation]

・Neese, Brian. “Intercultural Communication: High and Low Context Cultures.” Southeastern University, 17 Aug. 2016, online.seu.edu/high-and-low-context-cultures/.

 

What is “Soshage”?

When you look at Japanese App Store, you have a chance to see some icons with anime character.

スクリーンショット 2018-06-08 20.59.53

This is the major Japanese application style “Soshage”. “Soshage” is a summry of a word “Social Games” .
In my article, I will tell you a characteristic and facination of “Soshage“. This time, I will tell you the most important factor in “soshage”, charactor.

  • Charactor

Japanese “soshage” ‘s most characterristic point is “charactor”. Many of the “soshage”  appeals this mainly. Players enjoy cute cute or cool charactor illusrations.

For instance,  one of the Japanese “soshage” title “The Idol M@ster Cinderella Girls” is a game that focus on “idols”.  In this game, 183 of indivisual idols appear. You can find your ideal anime charactor from it!

スクリーンショット 2018-06-08 21.52.01スクリーンショット 2018-06-08 21.56.22.png

If you are interested in “Soshage”, please try it! In this contents, you should find your ideal anime charactor!

↓”Idol M@ster” ‘s link

Iphone:Deremasu for iphone Android:Deremasu for android