Uncategorized

Ishida Mitsunari : An Introduction to a Samurai Warrior 〜石田三成

 

Ishida_Mitsunari

Ishida Mitsunari is one of the famous Samurai warriors during the “Sengoku era”, when numerous Samurai warriors fought to take control of Japan. Ishida Mitsunari was one of the most powerful subordinates of Toyotomi Hideyoshi, however after Toyotomi’s death, he was captured in a battle and hence executed.

He was very smart, and he commenced an agricultural land reform, which gave a large influence to the country’s politics. When Toyotomi sent troops to fight the Ming dynasty, he insisted on retreating the troops, which led him to opposition against other subordinates. Despite his superior tactics, he was captured and executed during the “Battle of Sekigahara”, due to the betrayal his fellow Samurai, Kobayakawa Hideaki.

石田三成(いしだみつなり)は戦国大名(せんごくだいみょう)の一人(ひとり)であり、豊臣家(ぶしんか)の有力(ゆうりょく)な家臣(かしん)である。豊臣秀吉(とよとみひでよし)の死後(しご)、関ヶ原の戦い(せきがはらのたたかい)において敗北(はいぼく)し処刑(しょけい)された。彼(かれ)はとても頭(あたま)が良く(よく)、農地改革(のうちかいかく)を行い(おこない)、全国(ぜんこく)の内政(ないせい)に大きな(おおきな)影響(えいきょう)を与えた(あたえた)。豊臣秀吉(とよとみひでよし)の朝鮮出兵(ちょうせんしゅっぺい)の際(さい)には、いち早く(はやく)撤退(てったい)を助言(じょげん)しており、この時(とき)に徳川家康(とくがわいえやす)等(など)と敵対(てきたい)している。関ヶ原の戦いでは圧倒的(あっとうてき)に優勢(ゆうせい)であったが、小早川秀秋(こばやかわひであき)という武将(ぶしょう)の裏切り(うらぎり)によって敗北(はいぼく)した。

Vocabulary

有力 – Powerful

改革 – Revolution

内政 – Politics

撤退 – Retreat

カテゴリー:Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中