Hideyoshi Toyotomi:Introduction to a Samurai Warrior ~豊臣秀吉

Hideyoshi Toyotomi(Hashiba Hideyoshi)

Hideyoshi Toyotomi is the first Samurai Warrior who controlled the whole of Japan and ruled the country. He was first a subordinate of Oda Nobunaga, but took over his place after he was assassinated. He then constructed the Osaka castle, and used the Dynasty’s power to rule the whole country. However, he passed away due to illness, while trying to invade the Chinese Ming Dynasty. Although Hideyoshi Toyotomi became a country leader through his genius tactics, he was first born in a poor Farmer’s family. That is the reason why he is regarded as one of the greatest Samurai warriors ever lived.

 

豊臣秀吉(羽柴秀吉)

豊臣秀吉(とよとみひでよし)は戦国時代(せんごくじだい)に初めて(はじめて)日本全国(にほんぜんこく)を統治(とうち)した大名(だいみょう)である。彼(かれ)は織田信長(おだのぶなが)の部下(ぶか)であったが、織田信長(おだのぶなが)が本能寺の変(ほんのうじのへん)で自害(じがい)したため、信長(のぶなが)の後継者(こうけいしゃ)の地位(ちい)を得た(えた)。その後(ご)、大阪城(おおさかじょう)を建設(けんせつ)し、朝廷(ちょうてい)の権力(けんりょく)を利用(りよう)することで全国統一(ぜんこくとういつ)を成し遂げ(なしとげ)、国内(こくない)の内政問題(ないせいもんだい)に取り組んだ(とりくんだ)。しかし、明(みん)(当時【とうじ】の中国【ちゅうごく】)の征服(せいふく)するために行った(おこなった)朝鮮出兵(ちょうせんしゅっぺい)の最中(さいちゅう)に病死(びょうし)している。彼(かれ)は本来(ほんらい)農民(のうみん)であったが、機知(きち)に富んだ(とんだ)策(さく)を立て(たて)、将軍(しょうぐん)にまで上り詰めて(のぼりつめて)いる。そのため、現在(げんざい)でも広く(ひろく)親しまれて(したしまれて)いる。

 

Osaka Castle  大阪城

大阪城1

 

Vocabulary

 

統治する(:controlled

部下(ぶか):subordinate

自害(じがい):assassinated

建設(けんせつ):constructed

病気(びょうき):illness

出兵(しゅっぺい):invade

〜とみなす:regarded

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中